2009年06月27日

第一回!Magpul DVD 翻訳日記!

あらまぁー、わざわざカテゴライズまでしちゃって、批判されたらどうするんでしょう?
しかし、友人と一緒に見て居ても、私が訳すと「あー、そう言う意味なんや」と結構伝わってない部分があるようですし、
以前の日記でもご質問頂いた方に納得出来るお答えが出来た様で、私としても良い勉強になると思うので是非やってみたいと思います。
無論、誰から頼まれた訳でもないので、これはあくまで私の自己満足の為だと思ってください。あえて翻訳は判りやすくまとめた状態にしてありますが、意味が大きく間違って居たとしても、その事で何か不利益を被られた場合でも私は一切の責任を持ちません。ご了承下さい。

第一回目の今日は(不定期になると思いますが)チャプターで言うと初めのIntro(イントロ)からRange Safety(レンジセーフティー)
までを訳してみたいと思います。

以下翻訳
*************************************

イントロ~

マグプルインダストリー 提供

レジオンプロダクション 及び ランドリメディア(有) 協賛

~トレーニングの1日~

トラビス・ハーリー

クリス・コスタ

(コスタの台詞)
発砲すると言う事は、ターゲットを倒す為であり、その為にサーチし続ける事が大事だ。

弾倉交換

ターゲットを撃ち終えたら、パートナーのも撃て!

撃て!

マグプルダイナミックス
タクティカルカービンの芸術
コース1

The Art Of The Tactical Carbine
Course1
~イントロ終わり


私の名前はクリス・コスタ
マグプルインダストリー所属

隣に居るのはトラビス・ハーリー

今日は皆さんと一緒にカービンを扱って学んでいきたいと思います。

トラビスが今から皆さんに守ってもらいたい約束事を言いますが、
これは基本中の基本であり
今後学んでいく上でも重要な事です。

初めに、皆さんがレンジに立つ時に常に心がけて欲しいのが
射撃に関する安全基礎事項です。

多くのシューターが自己流で行っており、
この基礎が守れていません。

上達に近道はありません。
どの様な戦闘術を身に付けていく上でも
この基礎は必要です。

まず一つ目、いかなる銃であっても"弾が装てんされてあるもの"として扱う事。
銃を持った時点で、ボルトを後退位置で止めて銃口を全て同じ方向に向ける人もいるくらいだ。

二つ目、破壊したくない物には絶対に銃口を向けない事。
レーザービームセオリーだ。
銃口から何でも切れるレーザービームが出ているものと仮定し、それに触れた物は焼き切られてしまう。
これには特に注意して欲しい。

三つ目、トリガーに掛ける指に注意。
ターゲットに銃口を向け明確に射撃意思を持つまで指はトリガーガードの外側においておく事。
ベーシックトレーニングではこの事を忘れる人が多いので、絶対に忘れないように注意してほしい。

四つ目、射撃を行う前に、ターゲットの手前と奥に何があるかを把握する事。
どういう意味かと言うと、これはまた後で詳しく説明するが
銃口とサイトにはズレがある。壁越しに撃つ際に銃口の目前に何があるかを理解していないと
コンクリートや鉄の破片が顔に降りかかる事になる。
ターゲットの裏側については、味方や無関係な人、愛する人、家族、子供が居るかも知れない。
その為にもターゲットの裏側に注意しなければならない。

もう一度言うぞ。
1、全ての銃は装てんされているものとして扱う事。

2、破壊したくない物には銃口を絶対に向けない事。

3、明確な射撃意思を持つまでトリガーには指を掛けない事。

4、撃つ前にターゲットの前後に何があるかを注意する事。

これらは今から行うトレーニングではもちろんの事、友人たち同士でトレーニングする際にも常に頭に入れて置き、お互いに忘れないように心がけていく事が上達する道である。

チャプター「Magazine Placement」へ~

****************************************

はい、こんな感じです。
こんなので理解してもらえるか物凄く不安ですが、内容としては皆さん既にご理解しているものばかりですね。
あえて訳すまでの物でも無いでしょうが、初めが肝心ですから・・・。
これだけの文でも、訳すのに結構時間が掛かりました。何故かって、どう判りやすくまとめ直すかが翻訳のキーなんですよね。
直訳だけでは意味の伝わらない文章になってしまいます。
こんなのをリアルタイムでやってのける同時通訳家ってどんなCPU頭に積んでるんでしょうw

さ、次回は「Magazine Placement」のチャプターから訳していきたいと思います。
時間を見つけて地道に進めて行こうと思うので、もし楽しみにされておられる方が居れば気長に待ってて下さいw

あ、翻訳作業に関係なく本編で判らないところがあれば何なりと聞いて下さい。
こんな私で良ければお力になります。^^





同じカテゴリー(Magpul DVD 翻訳)の記事画像
マグプル翻訳日記Vol.8
マグプル翻訳日記Vol.7
マグプル翻訳日記Vol.6
マグプル翻訳日記Vol.5
マグプル翻訳日記Vol.4
マグプル翻訳日記Vol.3
同じカテゴリー(Magpul DVD 翻訳)の記事
 マグプル翻訳日記Vol.8 (2009-09-03 17:24)
 マグプル翻訳日記Vol.7 (2009-08-14 19:32)
 マグプル翻訳日記Vol.6 (2009-07-09 15:21)
 マグプル翻訳日記Vol.5 (2009-07-02 22:41)
 マグプル翻訳日記Vol.4 (2009-06-29 18:27)
 マグプル翻訳日記Vol.3 (2009-06-28 15:25)
この記事へのコメント
> タクティカルカービンの芸術

この場合の"art"は「技術、技能」の方が適切かと思いますがどうでしょう

とかえらそうに指摘しつつも、私もこのDVDでの発言内容全てを
把握し切れているわけではないので、今後も期待してます
Posted by 半可通 at 2009年06月27日 01:44
>半可通さん
ご指摘ありがとうございます^^
そうですね、仰る通りで、「カービンを扱う技術」と訳したほうが賢明かもしれません。
が、むしろ彼らの動きが芸術の域な事やwパッケージの日本画風なイメージから芸術とさせていただきました。

むしろココはあえて訳す必要は無かったと思います・・・。
Posted by やっしー at 2009年06月27日 01:48
はじめまして

マズルコントロールが大事ってことなんですね

暇があればジャパネットタカ○風の翻訳もお願いします

ミリオタはすぐ指摘をしてくるキモいなまものですが負けずに頑張ってください
Posted by マリモ at 2009年06月27日 10:28
>マリモさん
初めまして^^
そうですね、もちろんマズルコントロールも大切ですが、4つ上げた安全基礎事項全てが重要である。と言っています。これは私や他のインストラクターが教える場合でも同じ事を言うと思います。
ジャパネットタ○タはむしろあの声が特徴的だと思いますがw文章で何所まで表現できるのか、一度試して見ようかと思いますw

ミリオタに限らず、その様な懸念事はどこに行っても付物だと思っております。
それに、言ってしまえば私も一人のミリオタですから、一般人からすればキモイのかもしれませんw
ですが、辞書や学校で習うだけでは訳せない、向こうの人間の感性というか、雰囲気みたいな物を交えて翻訳していきたいと思いますので、「辞書に書いてある単語の意味と違うやんけ!」というご指摘は受けますが、私もそれなりの考えを持って訳しますので、その辺はご理解頂けると助かりますね^^
半可通さんの様にご指摘を頂けるのは私にとっても大変有り難い事です。
Posted by やっしー at 2009年06月27日 10:38
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。